ドラム缶の切断 ジグソー編【失敗】

養生材を倉庫に片付けるの時

縦置きで置くと、くちゃくちゃになるので、ドラム缶を利用し倉庫に置いてあります。
2つしか無いので(複数種類があり探し出すのが不便)3個目を調達しました。
養生とは
s302300_1.jpg
こんなやつで 柱とか角を保護する 青とか黄色とかクッション材です。
引っ越しや、物品処分で良く使います。
これを縦にぎゅうぎゅうに入れる箱が欲しいので作ります。

養生(ようじょう)とは、建築や塗装の現場においては、建材や塗装する場所の保護の意味で使われる建築用語です

 この保護はマンションの引越し現場でも出入口の枠、壁、床、エレベーターの内壁などにも使われています。 この保護を業界用語で「養生材(ようじょうざい)」と呼んでいます。

01 DRAM711

鉄工用ジグソーで切断します。
いつもはグラインダーで輪切りにしていたのですが今回は耳も強固にしたくて初挑戦です。
日立の100V調整付きのジグソー。

 

刃が何本でも必要の為、レシプロソーで チャレンジ。

02 DRAM711

刃の幅が広くて失敗。一番切れ味が良いが、円に切れない。
ジグソーの刃は折れるが、マシと判断。
03 DRAM711
なんとか切断できましたが
ジグソーで切断は二度としません。
グラインダーで切断すれば 金の卵で2枚でコスト200円程度です。
今回は1400円程かかり、最低です。
下手くそではなく、刃渡りが短いため超ムズイんです。
刃渡りの長いのがありましたが1枚600円でした。
上部の補強よりコストです。良い勉強になりました。