リチウムイオンバッテリーの裏技

先日amazonタイムセールで
携帯型リチウムイオン電池、
車バッテリー上がりにも対応と言う製品を購入し
倉庫にあるバッテリー上がりの車に使ってみたら
なんとかかりました。
当たり前かもしれませんが。

タイミング良く
嫁さんからSOS 。
彦根駅前にて、バッテリー上がり。
たまたま体調が悪く動けなかったのですが
良いツールもある事なので出向きました。
念入りにブースターケーブルも持参。
この新兵器でかかるで。と座りながら指導。
体調が悪いので立つこともできない。
しかし エンジンはうんともすんとも言わない。
壊れた?嫁さんからしたら こんなしょうもないもの的な扱い。
かかるはずやのになぁと、頑張るも虚しく旧方式での接続。
ほれ見てみ!的な態度で 自分でかけられてしまいました。
せっかく購入したのになぁと。
別の車がまたまたバッテリー上がりになってしまい
早速 あれ!あれ!
的な感じで やっても またうんともすんとも言わない。
倉庫だったので100Vが使え充電してみようと思ったらなんと
リチウムイオンの充電不足。メーターが無いのでわからなかった。
充電開始したけど30分経ってもメモリが増えない。
これは長期戦になるなぁと。
あ!そうだ!
インパクトのバッテリーを使ってみよう。
18Vはきっと壊れると思うので14.4Vで挑戦。

あっさりかかってしまった。
車のアクセサリーって12V以外は
壊れるとか思っていたけど、車の電圧って
結構上がったり下がったりするので
許容範囲が多いとの事。
これで一つ便利になりました。