車のバッテリーが良く上がるので自作してみました。

01makita20190511_20190511121928753.jpg 
車や重機(ユンボ)、バイクのバッテリーが
あがると このように面倒な事をしないといけません。
jyuden.jpg 
別の方法
重たいバッテリーをこのように持ってきて、エンジンをかけるとか・・・。
しかも 在庫のバッテリーが満充電されているとは限りません。
車載バッテリーは充電に時間がかかります。

02makita20190511.jpg 
右の機械はお気に入りのオイルインパクト。非常に静かで現行品です。
左が、完全故障品(捨てる寸前のインパクト)ボロボロです。
さて どう料理しましょうか?
03makita20190511.jpg 
まず 殻を割り不要な部品を取り除きます。
ブースターケーブルを利用して内部接続端子に接続します。
ぐちゃぐちゃですみません。600W位で飛ぶようにヒューズを取付します。
スイッチがあると安全なのですが・・・。
04makita20190511.jpg 
接続できたので電圧チェック。
12.88V? 低いなぁ・・・。
05makita20190511.jpg 
交流はよく使うのですが、直流はあまり図らないので
他のデジタルテスターをいくつか持ってきました。
アナログも含めるとかなりありました。すべて 測定値はほぼ同じなので
バッテリーが弱ってるのか、充電不足かどちらかでしょう。。。
06makita20190511.jpg 
これで完成です。
こういう時に限ってトラブルが起きないのですよね・・・。
トラブルが待ち遠しい。(笑)