カーポートの積雪について

カーポートって、安い物と、高い物の違いって知っています?

これは、安い、これは高い
価格だけの違いではありません。
もちろん デザイン的な部分も占めますが。
タイトルとおり、 積雪に耐えられるかによって価格が違います。
一般的な商品は、20センチ対応です。50センチ対応もありますし、
2m対応っていう製品もあったりします。

滋賀県の北部は雪が多いです。今年はすでに60センチ降っています。
累積なので、雪が解けるのでカーポートは壊れません。
が、五九豪雪って言うのが 以前ありました。
一九八四年 昭和五九年です。
この時に 彦根でなんと 73センチ降ったのです。
よって、50センチ対応のカーポートは倒壊する確率が高くなります。

30年に一度の大雪という事です。
30年に一度の備えって 必要か? という事ですが、

大雪に備えて、より積雪対応な商品が売れているそうです。

よって、彦根でも 積雪50センチ以上降る恐れがある事から、
今回設置させて頂いたのは なんと 1m対応。
1mの雪が降っても 倒壊しないという超頑丈なカーポートです。

梁も 合計4本入れます。
通常は 梁は二本で、柱が4本です。
人間の手では持てないので、クレーン車で 組み立てしました。

もうすぐ完成です。

新型LEXUSが 納品されると聞いています。

完成写真また アップしますね。

ちなみに イメージCGを作りましたので
参考に。

ちょっと デザインが違うタイプになりました。
屋根も ガルバリウム鋼板
ペフ付きです。
要は 断熱材付きなので、結露を起こしにくいですよ!という製品です