クロスの貼り替え工事

今日は クロス貼り替えの下地処理作業をします。

まず 一部屋目です!

又釘打ち直し、ビス増し打ち工事をしています。

又釘とは ホッチキスの針のような物で もう少し大きいイメージです。

これでボードを止めているのが昔は普通というか当たり前でした。

今は ビスが当たり前です。

古いお家は ボードを押すと動きます。動く=クロスに影響します。

又釘では、完璧に下地にくっつきません。

下地の木の反りや、ボードを完全に下地に密着させてから

又釘の鉄砲をオンにすればうまく行きますが、天井作業はなかなか

絵に書いたとおりになりません。

又木の反りによって抜けてくる恐れもがあります。

よって今の時代 ビスが主流です。

念入りに すべてビス打ち直しします。

ここまでしても、仕上がりに影響してしまう所が出てくるので

クロスの貼替えは難しいです。綺麗に行くときもありますし、

今回のような下地が荒れている所は綺麗に行かないことが多いです。